So-net無料ブログ作成

テキストのドキュメントの見た目を良くする [IT設計]

テキストで書いたドキュメントについてですが、中身はともかく、見た目だけでも...
なんて事は、言えませんが、やはり見栄えは良くした方が、良いと思います。

とはいえ、やはりただのテキストですので、見た目を良くする為に、一工夫が必要です。
そこで、オレオレ的にルールを決めました。

文章は、章と節、それに箇条書きをうまく組み合わせると、それらしく見えてくる気がします。

章は、「■」文字。
節は、「□」文字。
箇条書きは、「*」、「+」、「-」と決めて、まずは、秀丸に設定をします。
■章章章章章
□節節節節節
    * 箇条書き1
     + 箇条書き2
      - 箇条書き3
        * 箇条書き1-2
         + 箇条書き2-2
          - 箇条書き3-2
[その他]-[ファイルタイプ別の設定]メニューで、[ファイルタイプ別の設定]ダイアログを開いて、強調表示の画面で、強調表示を追加します。

文字列
^■.+
大文字/小文字の区別OFF
単語の検索OFF
正規表現ON
表示方法行の強調1
文字列
^□.+
大文字/小文字の区別OFF
単語の検索OFF
正規表現ON
表示方法行の強調1
箇条書き1
文字列
^(    )+\*.+
大文字/小文字の区別OFF
単語の検索OFF
正規表現ON
表示方法行の強調1
箇条書き2
文字列
^ (    )+\+.+
大文字/小文字の区別OFF
単語の検索OFF
正規表現ON
表示方法行の強調1
箇条書き3
文字列
^  (    )+\-.+
大文字/小文字の区別OFF
単語の検索OFF
正規表現ON
表示方法行の強調1


秀丸で強調表示したままのイメージで印刷できれば、ドキュメントとして見栄えが良くなります。
そこで、秀丸パブリッシャーを使います。
秀丸パブリッシャーは、なぜか、標準ではなく追加インストールします。
便利な機能なので、はじめから使える様になっていれば良いと思うのですが、別になっています。
好みで追加できるので、おまけ感があってそれはそれで良いのかもしれません。

秀丸パブリッシャーを使って印刷する時に、本文BOXのフォント装飾再現の設定をONにして印刷をすると、先ほどの強調表示をそのまま印刷できます。

このままでも良いのですが、前回のクラス図も見栄え良く印刷したいので、WinLPrtを使っています。
WinLPrtは、h_tosh さんの説明の必要がないほどの定番ソフトです。
先ほどの、強調表示は、[書式設定]で設定を行います。

見出し行
見出し行を有効にするON
を含む行を見出しとする
^(■|□|(    )+\*.+| (    )+\+.+|  (    )+\-.+)
別フォントON
フォントスタイルボールド
行書式
罫線文字をつなげるON
細線2/20pt
太線20/20pt

テキストファイルの先頭にタイトル行を付ければ、ずいぶんと見栄えが良くなります。

20080614WinLPrtでテキストを整形.png

秀丸とWinLPrtの連携は、水銀水さん/小田 明夫さんのHMWLP.macを使っています。
秀丸の[マクロ]-[マクロ登録]で、マクロ7に登録することで、
秀丸でドキュメントを編集して、[Ctrl]+[7]キーで、WinLPrtにプレビュー表示して即印刷する事ができる様になります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。