So-net無料ブログ作成
検索選択

Enterprise Architect(EA)をこのように使ってます。その5 [IT設計]

Windowsサービスなど、バックグラウンド処理をステートマシン図で
表現することがあります。
その時は、例外処理や想定されるエラーを
できるだけ記載するようにしています。

Windowsサービスなどで問題が発生した時は、GUIが無い為に何が発生したかが
わかりづらくなっている事が多い為です。

20080528-1-ステートマシン図.png

その時は、内容をノートに書き込むのですが、EAは要素やメソッド
接続やダイアグラムなどのノートと、ダイアグラム上のノートとリンクする
事ができて便利です。
上記のサンプルでは、青いノートは、ノートに直接記載しています。

20080528-2-ノート.png

黄色いノートは、処理状態のメソッドとリンクしています。

20080528-3-メソッドのノート.png

緑色のノートは、ダイアグラムのノートとリンクしています。

20080528-4-ダイアグラムのノート.png

要素や接続、メソッドやプロパティのノートに記載した内容は、
別のダイアグラムでノートを表示している時、
1カ所で修正した内容が同じように反映されるので便利です。

あと、EAは、ステートマシン図を、組み込み系で使われる状態遷移表に
表示形式を変更するだけで切り替えて表示する事ができます。
この機能は状態とイベントの動作について、
抜け漏れを確認する時に便利です。

20080528-5-表示形式の変更.png

サンプルは、「状態遷移表(トリガ-状態)」形式ですが、
他にも縦と横を入れ替えた、「状態遷移表(状態-トリガ)」や
「状態遷移表(状態-次の状態)」の表示形式を変更する事ができます。

20080528-6-状態遷移表.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。