So-net無料ブログ作成
検索選択

Enterprise Architect(EA)をこのように使ってます。その3 [IT設計]

配置図


昔は、システム構成図と呼んでいた図を描いていました。
正確に描くと、サーバの枠の中にアプリケーションの四角が並べて、
処理の流れとデータの流れを矢印で表現していた気がします。
どうにも味気なくって、お客様との打合資料は、
パソコンの絵とサーバの絵に置き換えて、データの流れだけにして、
説明しました。
見やすいのだけども設計図というより、解説図なんです。
その上、二つの図は、ばらばらに描かれているので、片側を修正すると
同じようにもう一方も修正する必要があります。
どっちか、直すの忘れちゃうんですよね。

それにくらべて、EAは、同一の要素を書式の設定で表現を変えつつ
メンテナンス性を損なわないドキュメントが作れます。

配置図のプロジェクトブラウザ.jpg
プロジェクトブラウザで見ると同一の要素を「配置図-1」では、詳しく表現し、
「配置図-2」では、絵を使って簡略に見せることができます。
この絵は、サポートサイトで公開している「画像ライブラリ」をEAに設定するだけで
見栄えの良い絵と置き換える事ができます。
配置図-1.jpg
配置図-2.jpg
ここでは、DBサーバの要素に記入したコメントをノートにリンクして表示しています。
DBサーバのコメントの変更は、両方の図面に反映されます。
要素同士の繋がりもどちらの図面にも反映されます。
簡単にドキュメントの品質が向上するのは、ありがたいです。
EAさまさまです。

ところで、Intranetの緑色の雲ですが、成果物の要素のステレオタイプを
Intranetにしただけで、もともとの成果物の四角から雲の絵に切り替わります。
使い始めると便利なのですが、気がつかないと知らないまま終わってしまいそうな、
トリッキーな気がするのはおいらだけ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。